お知らせ

弊社製品の新元号対応について

最終更新日 2019 年 2 月 13 日

2019 年 5 月 1 日から施行される新元号の弊社製品の対応についてご案内します。

対象製品

製品独自の和暦機能を有し、新元号の対応に製品アップデートの適用が必要となる製品は以下のとおりです。
一覧に記載がない製品につきましては、新元号対応アップデートの公開予定はありません。

製品の最新バージョンのアップデートは、こちらからダウンロードしてください。

製品名 対応状況
ExcelCreator for Java(*1、*2) 新元号対応アップデートを 4 月上旬公開予定
ExcelCreator 10.0 for .NET(*1、*2)
ExcelCreator 8.0 for .NET(*1、*3)
ExcelCreator 6.0 for .NET(*1、*3)
ExcelCreator 5.0 for .NET(*1、*3)
VB-Report 8.0 for .NET(*1、*4)
VB-Report 7.0 for .NET(*1、*4)
VB-Report 6.0 for .NET(*1、*4)
VB-Report Ver3.6(*1、*5)
VB-Report Ver3.0(*1、*5)
ExcelWebForm(*1、*2)
Excel Data Server(*6)

*1 生成 Excel ファイルを Microsoft Excel で開いた際の和暦表示は、OS や Office の新元号対応に依存します。

*2 出力 PDF / HTML ファイルに新元号を反映させる場合、新元号対応アップデートの適用が必要です。

*3 出力 PDF ファイルに新元号を反映させる場合、新元号対応アップデートの適用が必要です。

*4 製品独自機能による帳票出力(プレビュー、PDF、印刷)結果に新元号を反映させる場合、新元号対応アップデートの適用が必要です。

*5 製品独自機能による帳票出力(プレビュー、印刷)結果に新元号を反映させる場合、新元号対応アップデートの適用が必要です。

*6 出力 XML ファイルに新元号を反映させる場合、新元号対応アップデートの適用が必要です。